SAI建築社

こだわりの構造

テクノストラクチャー 木造と鉄骨のメリットを併せ持つハイブリッド工法

大空間と安全性を両立。
最新の技術から生まれた「木+鉄」という新工法

「テクノストラクチャー」は、木と鉄の複合梁「テクノビーム」と高強度オリジナル接合金具を使用し、構造計算で安全性が確認できた建物のみ建築をすることができる、最新の技術を導入した新工法です。木造と鉄骨造の両方のメリットを生かした「ハイブリッド工法」と言えます。

木と鉄の複合梁 「テクノビーム」

テクノストラクチャーでは、地震時などに建物を支える役割を担う梁に木と鉄の複合梁「テクノビーム」を採用しています。たわみ量はなんと木造の1/4以下。地震時に強い威力を発揮します。さらに、一般的な木造軸組工法で約3.6mまでしかとれなかった柱と柱の間を、最大約6m(壁心寸法)まで広げられるため、これまでになかった大空間を実現でき、ワイドビューを楽しめる大きな窓の設置も可能になりました。

「地震に強い家」を支える強固な構造部材

テクノストラクチャーの住宅では、一棟一棟の住宅品質に差が生じないよう、金具ひとつにも細かな使用方法を規定し、構造計算通りの強度を確保します。

「耐力面材」によりさらに強度を高める

構造の強さに耐力面材をくわえることでさらに強い家が実現します。この面材は通気性があり、建物を頑丈にするのと同時に通気性を確保して建物を長持ちさせます。日本の気候風土を考慮して通気工法で建物を湿気からも守ります。

[すべての家に388項目もの構造計算の実施

「テクノストラクチャー」では、すべての家に厳しい「構造計算」を義務付け、独自の「自動躯体設計システム」で一棟ごとに災害シミュレーションを実施。トータル388項目(※多雪区域は440項目)もの強度チェックをクリアし、強さが立証された家しか建てられない仕組みをとっています。この厳しい構造計算が、大空間や変形プランなど、従来の木造では構造的に不安だからとあきらめていた設計でも、大地震や台風・豪雪に耐える信頼の構造体を支えます。



セルロースファイバー断熱
セルローズファイバーとは、天然の木質繊維のことです。
セルローズファイバーは様々な繊維が絡み合い、空気の層をつくることはもちろん、1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在しています。
この空気胞の存在がより一層熱や音を伝えにくくします。
さらに木質繊維特有の吸放湿性で、適度な湿度を保ちます。
壁や天井にすき間なく吹き込み、イエ全体を覆います。
自然の恵みが私たちに快適な暮らしをもたらしてくれる、まさに天然の力を利用した断熱方法です。
ホルムアルデヒド・VOC放散試験において「F☆☆☆☆」以上の安全性が認められています。安全基準に厳しいアメリカでは60年以上の実績があり、欧米諸国で最も多く使用されています。
Low-Eペアガラス装備
Low-E金属膜を5層コーティングとガラス内部に注入したアルゴンガスが
優れた断熱性を発揮します。下枠にはウレタン樹脂と樹脂カバーで 二重断熱とし、三方枠アングルを樹脂製にすることでさらに熱を伝えにくくしています。結露の発生をより軽減し、健やかな室内環境を保ちます。
ベタ基礎
ベタ基礎は、底部のコンクリートがすき間無く連続し、一枚の板状になっている基礎のことです。鉄筋コンクリート面全体で建物を支えるため、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ流し、さらに、地面からの水蒸気やシロアリの進入を防ぎます。また、面になっているため軟弱な地盤に対しても効果的な基礎と言えます。
基礎パッキン
基礎パッキンとは、基礎と土台の間にゴム製の部品(パッキン)を挟み込むことで床下の隅々にまで自然の風を行き渡らせる工法のことです。
基礎コンクリートと木質土台部分を絶縁し、腐朽菌やシロアリの進入を未然に防ぎます。
床下の湿気を排出して理想的な床下環境をつくります。