お問い合わせ

TEL 0120-313148

TEL 092-874-7385 FAX 092-874-7386

CELLULOSE FIBER
セルロースファイバー断熱

セルロースファイバーについて

環境と住まいの断熱を考える。

私たちの子供に豊かな自然、元気な地球を残そう。

私たちは日本の四季、
暑さ、寒さ、湿気と向かい合って生きています。

私たちの住む日本は、春と秋は快適なのですが、夏は気温と湿度が高いため蒸し暑く、冬は湿度が低いので、気温以上に寒さを感じるという特有の気候の中、暑さ、寒さ、湿気から身を守るため、木を使った住まいが発展していきました。木は伐られて木材になった後も呼吸しています。もし、室内の湿度が高ければ、木は、その水分を吸い取ってくれ、また室内が乾燥していれば、木は、内部の水分を適度に発散してくれます。さらに、木だけでなく、土壁にしても、いかなければなりません。畳や襖、障子にしても、日本の住宅は自然素材でつくられてきました。自然との調和をはかり、四季を楽しむ日本独自の生活様式に適応した先人たちの知恵、そして文化として発展してきたのです。

エネルギーを考えるとき、
地球環境問題をわすれることはできません。

現在、私たちのまわりには、炭酸ガスなどによる酸性雨によって森林や湖の被害、地球の温暖化、またそれによって引き起こされる海面上昇など、数々の地球規模の環境問題が多発してます。これらの問題は、私たちが機械的に創りだした快適さ、便利さを求めるためのエネルギー消費の代償といっても過言ではありません。私たちはエネルギー利用にともなう環境への影響をできるだけ少なくして石油に頼りすぎないことや、エネルギーをもっと効率的に使う技術の開発など、私たちの暮らしの中のあらゆる場面で、省エネルギーの努力が進められなければならないでしょう。省エネルギーの努カは、これからも地球に生きる私たち全員の大切なテーマのひとつです。

はじめよう、体に環境に優しい家づくり。

近年の環境問題から、住宅の省エネルギー化、リサイクルの必要性、室内汚染を防ぐ自然素材の活用がさけばれています。断熱の仕組みを知り、安全な材料と正しい使い方で人にも環境にもやさしい、快適な住まいづくりをご提案します。セルロースファイバーは新聞古紙のリサイクルからできています。きは土の養分を吸収して大きくなり、木から新聞に、新聞古紙からセルロースファイバーに、そして木を育む土へと還る。一人ひとりが自分達のできる方法でリサイクルに協力することは、今後「良識」から「常識」へと変わり、美しい地球は未来の私たち、子供たちへのかけがえのない贈り物となるでしょう

人や環境にやさしい用想の断熱材セルロースファイバー

私たちは、地球にやさしい自然素材(リサイクル)にこだわり、環境共生を省エネルギーだけでなく、室内 の空気質・温熱環境から断熱材を考え、セルロースファイバー(デコスドライ工法)にたどりつきました。 セルロースファイバーとは、天然の木質繊維のこと。なぜ天然繊維が優れているのか。その秘密は自然 がつくった小さな空気の胞にあります。セルロースファイバーは、様々な太さの繊維が絡み合い、空気の 層をつくることはもちろん、1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在しているのです。この空気の 存在がより一層熱や音を伝えにくくします。さらに、木質繊維特布の吸放温性で適度な湿度を保ちます。 この天然素材の持つ独特な性質を利用して、高い性能の断熱をすることが、住まう人の身体や、暮らし、 そして私たちみんなの地球にもっともやさしく、自然なことなのです。

●国際的に認められた安全性

ホルムアルデヒド・VOCの放散試験で無垢の木材と
同様の、F☆☆☆☆以上の安全性。

●カビを抑止

木質繊維の持つ吸放湿性と防カビ処理により、カビの
発生を抑止します。湿度の高い季節にも安心です。

●万一の火災にも安心

難燃処理により、万が一、火災にあっても延焼しにくく、有毒ガスなどの発生もありません。

●撥水効果で水を弾き安全

断然材にとって大敵である「水」を染み込ませない、はっ水処理により、家の寿命を延ばします。

CHECK
断熱性

自然素材が生み出す理想の断熱性能

日本には、梅雨を含めると五季があるといわれます。春夏秋冬の季節の変化が、私達の感性を育くみ、生活に彩りを与えてきたともいえます。
最近は、高断熱・高気密化の流れから、窓を小さく少なくした、閉ざされた家が多く見られますが、これらは不自然な家づくりと言えないでしょうか?
自然に開かれた空間をもちながら、家全体の断熱性能を高めることで、冬暖かく、夏涼しい、暮らしを楽しむ家づくりが大切なのです。

●冬暖かく、夏涼しい快適空間

デコスドライ工法で隙間なく吹込むことで、夏は外部からの熱の進入を抑え、冬は室内の熱を逃しません。家の中の温度差が少なく、快適な住環場となります。

●省エネで経済的

デコスドライ工法を施した住まいは、その高い総合性能により、次世代省エネルギー基準に適合。年間を通して冷暖房の光熱費が大きく節約できます。断熟化工事にかかる費用は、建築費のわずか数パーセントです。

CHECK
調湿性

高い断熱を保ちながら吸収する素材

一年を通じて湿気が多いのが、私たちの住む日本の特徴であり、欧米の気候とはまるで違います。
たとえば、私たちが普段身につけているものは、通気性のよい湿気がこもらないものが多くはないですか。
ビニール製などのベタつくようなものは不快と感じたりしませんか。
住まいも同じで、通気性がよく、湿気をコントロールする家、いわば「呼吸」する家が、
アジアモンスーン気候である日本にとって最も「良い家」といえます。
子どもたちがのびのびと、ココロもカラダも元気に成長してほしいものです。

●結露を防ぎ、住まいの寿命を伸ばします。

木質繊維のセルロースファイバーは住宅内で生きています。
周囲の状態に応じて吸放浪性が適度な湿度をもたらし、結露を防ぎます。建物の寿命を延ばすことにもつながります。

●湿気や、シックハウス対策にも効果的

表面的に自然素材をふんだんに使っても、シックハウス対策は万全とはいえません。
「カビ」「ダニ」の最大の原因となる、湿気対策も大切です。
自然素材で呼吸するセルロースファイバーならではの効果で湿気がこもらず、家族の健康にも役立ちます。

CHECK
防音性

高い防音性能で楽しい空間を作る

昨今、日本の家庭では音に気を遣い、外部へ漏れる音を嫌ったり、
ご近所への気兼ねから、怒ったり、笑ったり、大きな声や音を出すことを遠慮してしまいます。
内部の音を漏らさず、外部の音を侵入させなければ、住まいはもっと自由に、
ホームシアターなど大音量で迫力あるサウンドを心ゆくまで楽しんだり、
家族で遊んだり、騒いでみたり、真の家族のコミュニケーションの場となるはずです。
家族のつながりや一体感は、なによりも素敵なことです。

●騒音を抑え、快適環境を創る

吸音材としても優れた性能を持つセルロースファイバーを、隙間のない施工によって日常生活の音、屋外からの騒音、室内から屋外へ逃げるプライベート音を和らげます。効果的な防音処方として、高い評価を受けています。

●湿気や、シックハウス対策にも効果的

デコスドライ工法の家は抜群の防音(吸音)性能で、いつもの部屋がそのまま、
シアタールームやホームエンターテイメントの集会場として多目的に活用できます。
しかも新築、増改築を問わず、ひと部屋だけでもリーズナブルな価格で快適な「音」環境を創ります。

専門技術者による安心の責任施工。

断熱材の性能を最大限に引き出すデコスドライ工法。

効果的な断熱・防音施工を行うには断熱材の素材性能の高さはもちろんのこと、施工方法がその性能を十分に生かせるものでなくてはなりません。デコスドライ工法は、手の届かない隅部の充填が可能で、隙間からの熱損失を抑え、快適な住空間を実現します。

認定・保証

「デコスドライ工法」は専門技術者によって施工されたものであり、当工法のセルロースファイバー素材内部に結震が発生しないことを20年間保証します

日本CF断熱施工協会認定施工店による責任施工

デコスドライ工法[セルロースファイバー素材内部]

無結露20年保証

Portfolio

施工事例

SAI建築社がこれまでに携わらせて頂いた、
建築物の一部を公開しております。

Model House

モデルハウス

「家づくり」の初めは、たくさんのことをご覧になることが大切です。
私たちはモデルハウスでお待ちしております。